DAINASHI YESTERDAY

重複コンテンツはスパムではない!けど評価下がるかもだから気をつけて

20140106

年明け早々バタバタしております、神戸の柴田です。昨日「朝型生活にしる!」って宣言しておいてこの時間(4時)にブログ更新とかバカみたいだ。

さて今日は、重複コンテンツはスパムではない!けど評価を下げる原因になる、という話です。

うちのホームページでは、レスポンシブWebデザインについて解説したこのページで「重複コンテンツはペナルティの対象になり得る」と書きました。しかし今日、こんな記事を見つけたわけです。

「重複コンテンツはスパムでGoogleにペナルティを受ける」は、なぜ間違いなのか

あれ、ペナルティ受けないの?間違いなの?じゃあコピーサイトやりたい放題じゃん・・・とアワアワしていたわけですが、全部読んだら納得の話でした。

重複コンテンツだと何がいけないのか?

重複コンテンツそれ自体はスパム(ネット上の迷惑行為)にはあたらず、そもそもウェブ上のコンテンツの25~35%くらいは重複コンテンツなんだそうです。そのため、自然に存在する重複コンテンツがペナルティの対象になる確率は非常に低い。重複したコンテンツとして検索順位が下がったとすれば、それはユーザーにGoogle検索を快適に使ってもらうための措置ということです。

検索結果の同一ページ内に同じ内容のページがいくつも掲載されていたらどうでしょう?イライラしてやってられませんね。ということで、「ペナルティ」という名目ではないんですが、実際には検索順位が下がったり検索結果にまったく表示されなくなったりするなどの対応が取られます。Googleからスパムサイトと認識されるわけではありませんが、検索エンジンからアクセスを呼び込む上ではなかなかの不利益を被ります。

大量の重複コンテンツは低評価につながる

自然な成り行きでできてしまう重複コンテンツに関してはペナルティの対象にはほぼなりませんが、それでも1つのホームページ内に重複したコンテンツが大量にある場合、サイトの評価は下がります。

従来のようにHTMLとCSSで作成されたホームページであればあまり心配することではありませんが、WordPressの場合は注意が必要です。WordPressはPHPというプログラム言語で書かれており、ユーザーがアクセスするとサーバー上にあるデータベースの情報を元にページを動的に生成します。

こう書くとちょっとややこしいんですが、かなり大雑把に言うとユーザー(ホームページを見る人)がWordPressでできたページにアクセスすると、プログラムが「データベースにあるこのパーツとこのパーツを組み合わせてひとつのページとして見せればいいんだな」と判断してその都度ページを作ってユーザーに見せているわけです。

そんな感じで動的にページを生成するため、まったく同じ内容のページでもたとえば

  • http://xxxxxxxx.com/category/post-01/
  • http://xxxxxxxx.com/archive/post-01/

みたいな感じで、カテゴリーからアクセスした場合は上、月別アーカイブからアクセスした場合は下のようなURLを割り当てられたりします。これらが重複コンテンツと見なされるわけですね。WordPressで、しかもページが大量にあればあるほど、重複コンテンツと見なされるページが多くなります。そのため、301リダイレクトやURLの正規化などを行い、URLを統一しておくような対策をしなくてはなりません。

レスポンシブWebデザインは重複コンテンツ問題にも効く

同一ドメイン内にPC用サイトとスマホ用サイトを設置している場合、まったく同じ内容のページをそれぞれに用意しなければならないということも起こり得ます。そしてPC用、スマホ用の両方ともをWordPressで構築した場合、重複コンテンツの量はえらいことになるかもしれません。

そこでおすすめなのがレスポンシブWebデザインによるサイト構築です。レスポンシブWebデザインとは、PC用・スマホ用とホームページを別々に用意するのではなく、1つのホームページをPC・スマホなどユーザーの閲覧環境によってレイアウトを変えてしまおうというデザイン方法です。

こちらのページでGoogleがレスポンシブWebデザインをおすすめしているように、レスポンシブWebデザインであればページのURLを1つにしておけるので、重複コンテンツ問題をサクッと解決できてしまうわけです。

そのほかにも、ユーザーがページにリンクしたりソーシャルメディアでシェアするときに親切だったり、リダイレクトする必要がないので読み込み時間が短くて済んだり、Googleが1回の巡回でそのページを認識するのでインデックスに登録されやすくなったりと、レスポンシブWebデザインのメリットはいろいろあります。

ということで、結局のところレスポンシブWebデザインいいよ!みたいな話になってしまいましたが。重複コンテンツはスパムではないですが、評価を下げる原因にはなります。WordPressでホームページを運営しているあなたは気をつけましょう。

投稿者: