DAINASHI YESTERDAY

知らなきゃ損!個人事業主・中小企業のWeb集客方法

16451631225_a3c845e7c8_b

大手のように潤沢な広告予算があるわけではない中小企業や個人事業主は、資金・人員・時間などの限られたリソースの中で目標(ゴール)を達成するための戦略を練らなくてはいけません。

本日は、そんな個人事業主・中小企業が取るべきWeb集客方法についてお話ししたいと思います。

Web集客の要となるコンテンツマーケティング

集客という点において、私たちのような個人事業主・中小企業と大手企業の決定的な差は、「広告予算」と「信頼感」です。

大手企業はすでに世の中の人に名前が知られている場合がほとんどで、それだけでもユーザーからの信頼感を得ることができます。その上で潤沢な予算を使って、私たちにはできないような規模で広告を打つことで集客できます。

このような大手の取る集客方法は、個人・中小企業では真似できるものではありません。また、たとえ真似したところで予算という自力が違いますので、簡単に駆逐されてしまうでしょう。

でも、私たちには私たちなりの集客方法があります。それが、「コンテンツマーケティング」です。

コンテンツマーケティングについて私の解釈で簡単に説明すると、”ユーザーに有益な情報を継続的に発信し続けユーザーとの接触機会を増やすことで信頼関係を構築し、見込み客になってもらう”という集客方法です。

その名の通り、コンテンツを使って集客などのマーケティングを行うというものです。コンテンツマーケティングは、ネットや紙媒体などに広告を出稿するわけではなく、自社のウェブサイトやブログでユーザーの役に立つ情報を発信することで検索エンジンやSNSからの流入を狙います。

広告を出稿して集客する際の最大のボトルネックとなっていた費用の面でも、コンテンツマーケティングに必要になるのはウェブサイト・ブログを設置するサーバーとドメイン費用くらいのものです。

コンテンツマーケティングでもっとも重要になるのは「コンテンツの質」です。そういう意味でも、個人・中小が大手と対等に渡り合える可能性があるのがこのコンテンツマーケティングではないでしょうか。なぜなら、大手だから魅力的なコンテンツが作れるとは限らないからです。

また、この「魅力的」という言葉も実はカギになっていて、ある人にとっては魅力的な情報が、他の人にとってはそうでなかったり、その逆もあり得るということです。そして、ブログやウェブサイトでは継続的な情報発信が可能なため、1回ですべての人に響く情報を発信することは難しくても、継続していろいろな情報を発信することで、より多くの人の需要を満たすことができるようになるというわけです。

なお、ここでいう「コンテンツの質」とは、何も「おもしろい」「感動できる」といった人を引き付けるという意味だけではありません。そのブログ記事を書いた人の経験から来るユニークな情報だったり、その情報を必要としていた人の欲求を的確に満たすことができるものだったりすれば、それは価値のある情報です。

そのため、「自分にはライティング能力がないから無理だ」とか「自分には面白い記事を書く発想力はないから…」などと考える必要はありません。

あなたの商品・サービスに関連し、なおかつユーザーにとって有益な情報を発信し続けることがもっとも重要で、そこで「読ませる文章」を書く必要はないのです。

コンテンツでユーザーの信頼を得る

ブログやウェブサイトで情報を発信し続けることで、ユーザーとの接触回数を増やすことができます。

たとえば、空気清浄機がほしいと考えている人がいたとします。まずこの人がすることを想像してみると、「どんな空気清浄器を買うべきか情報を集める」ということではないでしょうか。

そして、この人は検索エンジンを使って空気清浄機について調べ始めます。そのときに、あなたがブログに書いた「空気清浄機を買うときの注意点」とか「空気清浄機の売れ筋ランキング」とか「空気清浄機のメーカー別比較」などの記事を目にします。

そうするとこのユーザーは、あなたの記事を見て「参考になるな」「このブログ、よく検索に引っかかるけどどんな人が書いているんだろう?」と、ブログ記事(情報)を通してあなたと複数回接触することで、あなたに対し親近感や信頼感を抱くようになります。

この時点で、私たち個人・中小にとって障壁となっていた「資金」「信頼感」の2つをクリアすることができるわけです。

続けることで名前を覚えてもらえる

継続的な情報発信で得られるのは信頼感だけではありません。単純に人の目に触れるコンテンツが増えることで、ユーザーにあなたの名前や会社名が覚えられるということです。

そうすると、これまで「有益な情報があるから」という理由であなたのブログやウェブサイトといったメディアに流れてきていたユーザーが、あなた自身に興味を持って検索なりSNS経由なりで訪れるようになります。こうして、ユーザーはいわば「あなたのファン(=見込み客)」になるのです。

この関係性を維持し、最終的にユーザーにあなたの利益につながる行動を取ってもらうというのがコンテンツマーケティングの大まかな流れです。

まずは継続的な情報発信から

コンテンツマーケティングにもっとも重要になるのは、何はともあれ継続的な情報発信です。とはいえ、運営期間が長くてもブログの更新頻度が数か月に1度だったり、ユーザーの需要のまったくないような情報を発信していても意味がありません。

ユーザーの需要をしっかりとリサーチした上で、どんなコンテンツを作っていくべきかを事前にしっかり計画しておきましょう。

photo credit: i.lectric via photopin (license)

投稿者: