DAINASHI YESTERDAY

Facebookで告知ばかりして引かれてる人に伝えたいイベント集客方法

9755020421_439e6a3a6e_b

Facebookでイベントの告知ばっかりして引かれてる人いますよね。中には「あれならやらない方がマシなんじゃないか」と思うくらい痛々しいものもあって、見ていていたたまれない気持ちになります。

ということで本日は、Facebookでイベント告知してもいまいち反応が取れないという人に伝えたい、イベント集客の方法についてお話ししたいと思います。

基本はブログでの情報発信から

ハイ、イベント企画しました、ハイ、告知しました、では集客できないのは当たり前です。

なぜなら、よく知らない人の、自分にどんなメリットがあるのか分からないようなイベントに、わざわざ時間を割いて参加する変わり者はいないからです。

イベント集客を成功させたいのであれば、イベント告知する前の段階で、日頃からブログによる情報発信でユーザーとの関係を築いておかなければなりません。このユーザーとの関係性がイベント集客成功の下地になります。

これがなくしてイベント集客の成功はあり得ませんので、まずはブログでユーザーにとって有益な情報を継続的に発信することから始めましょう。

ユーザーとの関係を構築するのなら、よりクローズドな関係が築けるFacebookの方が効果的なのではないかと思われるかもしれません。しかしFacebookを利用するユーザーの主な動機は「友人との交流」です。

イベント集客のために必要なユーザーとの関係は友人関係ではありません。あなたが有益な情報を発信し続けることで、ユーザーが一方的にあなたに注目するという関係性を築く必要があるのです。

加えて、Facebookユーザーは友人の生活ぶり(何をした、誰に会った、どこに行った、何を食べたなど)が主な興味の対象であるため、広告・売り込みの雰囲気を敬遠する傾向があります。ですので、たとえユーザーのメリットとなる情報であってもFacebookで発信するよりもブログで発信する方が反応は取りやすいのです。

自分のことを思い返してみてください。何か知りたいことや解決したい問題があったとき、はじめに何をしますか? 多くの人は、検索エンジンで情報を集めるのではないでしょうか? おそらく、いきなりFacebookで友達に聞いてみようとなる人は多くないと思います。

このことからも、Facebookは有益な情報を集めるためのツールというよりは、友人との交流を楽しむツールだと誰もが(無意識的にでも)認識していると考えることができるわけです。

イベント告知ページの作成

ブログでの継続的な情報発信を続け、イベント集客のタイミングがきたらブログ上にイベント告知用のページを作成します。そして、ブログの各記事の最下部などでイベントの案内をして告知ページに誘導します。

これまでの継続的な情報発信の結果、あなたのブログのユーザーは、「あなた=メリットのある情報をくれる人」という図式が頭の中に出来上がっています。そのため、他のメディアで告知するよりも高い反応が得らるのです。

ちなみに、イベント告知ページの最下部にはそのまま参加申し込みができるように専用のフォームを設置しておきましょう。ブログ・ウェブサイト共通のフォームに飛ばすなどのワンクッションを設けてしまうと、それだけでコンバージョンは落ちてしまいます。

ソーシャルメディアでの告知

ブログにイベント告知ページの設置ができたら、次はFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで告知していきます。

「なんだ、結局SNS使うのか」と思うかもしれませんが、使います。使えるものはすべて使うのが集客の基本です。しかしあくまでもブログがメインだということには変わりありません。

Twitterであれば、イベント告知のツイートを継続的に行い、そのツイートからブログのイベント告知ページへ誘導します。

Facebookであれば、まずはFacebookでイベントを作成しましょう。内容はブログのイベント告知ページと同じで構いません。そして、Facebookのイベントページから、ブログへ誘導するようにしておきます。なぜなら、Facebookのイベントページのみでは情報が少なすぎて、せっかく興味を持ってイベントページを見た人に十分な情報を提供できないからです。

また、もしかしたら今回のイベントは参加しなくても、これがきっかけであなたに興味を持つFacebookユーザーだっている可能性はあります。そういった意味で、あなたのメインのメディアとなるブログへの誘導はしておくことをオススメします。

このように、結局はブログはなければ話にならないのです。FacebookやTwitterをきっかけに興味を持ってくれたユーザーは、あなたが発信している情報を吟味することで、あなたが「メリットのなる人か否か」を判断します。ブログなどの自分のメディアを持っていないということは、ユーザーが必要とする判断材料すらない、ということになってしまうのです。

共感が得られなければ集客はできない

関係性ができていないところで告知してもイベント集客は成功しません。だからこそ、ブログで情報を発信することで、まずは下地となる関係性を作ることが重要になります。

ちなみに、Facebookで何千人も友達がいても、それが=影響力になうとは限りません。あなたも経験があるかもしれませんが、1回会ったことがあるだけでもとりあえずFacebookでつながっておこうということはよくある話です。その程度の関係性では、人脈とも呼べないところか、仲良しグループのレベルでもありません。

そんなところでイベントの告知などしたところで、「何かこいつ鬱陶しいな」と思われて終わりです。たぶん友達削除はされないまでも、フォローをやめられて二度と投稿を見てもらうこともできなくなるでしょう。

実際、Facebook上の友達があなたとゴールを共有し、そのために行動ができるという関係性の人ばかりであれば、Facebookでイベント告知しても高い反応は得られるでしょう。しかし現実では、それはあまりにも難しすぎます。

そういったゴールを共有するような深い関係性を築くには、一定以上の期間、継続して情報発信することが不可欠です。なぜなら、それなしでは相手があなたはどういう人間なのかを判断しようがないからです。

そして、それをやるならFacebookではなくブログです。Facebookでは、長文は敬遠さえる傾向があります。読まれることさえほぼありません。基本は写真と簡単なコメント程度で、ストレスなく目を通せる内容が好まれます。

対してブログは、あなたの持っている情報をあなたなりの見せ方で伝えることができるメディアです。ブログ上でユーザーのメリットになる情報を伝えたり、あなたなりの考えを発信することで、ソーシャルメディアでは築きようのない関係性を手に入れることができます。

photo credit: Le Clown Brésilien Milho Baunilha via photopin (license)

投稿者: