DAINASHI YESTERDAY

ウェブ集客に成功したいなら覚えておきたい3つのポイント

27590565275_6914a6b95e_b

ウェブ集客とは、ウェブサイトに見込み客を集めること。ですから、闇雲にPV(ページビュー)を稼げばいいというわけではありません。

しかし実際、ウェブ集客をするにしても何をすればいいのか分からないという人もいるでしょう。ということで、本日はウェブ集客を成功させるために覚えておきたいポイントを3つご紹介したいと思います。

今の時代、ウェブ集客にブログは必須

ウェブ集客の基本は、やはり検索エンジンからの検索流入です。そして、検索エンジンを攻略していくには、もはやブログは欠かせない存在です。

検索エンジンからの検索流入を狙うには、あなたのウェブサイトに関連のあるキーワードで検索されたときに、検索結果の上位にあなたのウェブサイト内のページが表示されるようにしなければなりません。

そして、上位表示されるページが多ければ多いほど、検索からユーザーが訪れるチャンスは増えるということです。

そのためには、よりたくさんの関連キーワードで、よりたくさんのページが上位表示されるようにウェブサイトを構築していく必要があります。

しかし、従来の会社案内型のウェブサイトでは、多くのキーワードに対応したコンテンツを配置することが難しくなります。それに対し、ブログではいろいろな切り口から情報を発信することが可能なため、様々なキーワードでの上位表示を狙うのにとても適していると言えるわけです。

そのため、もし今からウェブサイトを作るという段階であれば、ウェブサイト(ホームページ)内にブログスペースを設けるか、もしくははじめからブログだけで運営することをおすすめします。実際、わざわざ会社案内のようなウェブサイトを作らずとも、ブログ内に会社案内用のコンテンツ(サービス紹介や会社概要など)を作成することができます。

いずれにせよ、ウェブサイトを作るならセットでブログも作る、もしくはブログだけに絞るようにしましょう。コンテンツの展開がしづらいウェブサイトだけでウェブ集客をしていくのは非常に困難です。

ほとんどの人はぼんやり生きている→刺さるメッセージが重要

ウェブ集客でもっともやってはいけないことは、いろいろな属性のユーザーを集めようとすることです。「商品サービスのターゲットとなる客層は?」と聞かれて「20~60代の男女」とか答える人がいますが、これはターゲットうんぬんどころの話ではなく、もはや全員をターゲットにしているようなものです。

このようにターゲットユーザーを広く設定していると、高い確率でウェブ集客は失敗します。ウェブ集客を成功させるには、できるだけターゲットを狭く設定すること重要です。

たとえば「30代前半の不安定な売上に悩む事業経営者」「20代後半の産後の体型崩れに悩む主婦」など、できる限りターゲットを絞っていくようにします。ベストは、誰か特定の誰かを想定できるところまで絞り込むことです。

身の周りにターゲットに当てはまる人がいればちょうどいいですし、逆に身の周りの人から「自分のサービスをもっとも必要とするのはどんな人か?」を考えてもいいと思います。

そのようにしてターゲットを絞り込んでいくことが、結果としてブログでの情報発信に強いメッセージ性を持たせることにつながります。

基本的に人間というのは、あなたも私もぼんやりと生きているものです。いつも何か目的意識を持って生きているわけではなく、「何かいいものはないかな」くらいの感じで普段の生活を送っているのです。

そんなぼんやりしているときに、ぼんやりしたメッセージを伝えても届かないのです。そこで「30代前半の不安定な売上に悩む事業経営者」と絞り込んでメッセージを投げることで、ユーザーは「あ、自分のことだ」となるわけです。

そして、経験から言えばターゲットを絞り込むことでユーザーの反応が下がるどころか、逆に反応が上がります。これは少し引いて考えてみるとイメージできると思いますが、「20代後半の産後の体型崩れに悩む主婦」に向けてフィットネスの情報を提供したとしても、それに産後の主婦以外の人もメリットを感じることは十分あり得ますよね。

ただ、メッセージが弱いと産後の主婦にもそうでない人にも届かない。だからまず、発信する情報のメッセージ性を強くするためにターゲットを絞り込むことが第一です。そうすることで、結果としてターゲット以外の人にも響くような情報を発信できるようになります。

スマホかPCか? ユーザーの傾向を把握しよう

私は現在、クライアントのメディアの他に6つのメディアを自分で運営していますが、それらの間でも扱うテーマによってユーザーの属性に様々な違いがあります。

その違いのひとつが、ユーザーのデバイス環境です。要は、ユーザーがPCで見てるか、スマホで見てるか、あるいはタブレットで見てるかという違いです。

一つのメディアではユーザーの86%がスマホから閲覧しているのに対し、別のメディアではユーザーの95%がPCから閲覧しています。

数年前から、スマホの爆発的な普及に合わせて「スマホファースト(スマホでの閲覧を優先してサイトを設計すること)」が叫ばれていますが、サイトで扱うテーマによって正解は変わります。

この辺りは正直、ある程度の期間運営してデータを取らないと分からない部分ではありますが、データに合わせてユーザーにとって快適な閲覧環境を用意することでPV数を伸ばすことができるでしょう。

以上が、ウェブ集客で成功するために覚えておきたい3つのポイントです。もちろんここで紹介した以外にもウェブ集客にとって大切な要素はさまざまあります。しかしここでお伝えした基本中の基本の部分からずれてしまうと、それ以降何をしようが成果にはつながりません。ご自身のウェブサイトと照らし合わせながら、改善できることろをチェックしてみてください。

photo credit: 17 Months & 37 Weeks via photopin (license)

投稿者: