DAINASHI YESTERDAY

治療院が集客に成功するためのホームページの作り方

2253128846_3cea69673b_b

言っていいのか知りませんが、実はホームページ制作業界の人間にとって、治療院や整体院というのは供給過多でどこも集客に苦労しているため、「お客さん」になりやすい業種だと言われています。

周辺地域にチラシを撒いたりしてもいまいち反応がないため、「ホームページを作ればなんとかなるかもしれない」と思って業者に依頼する人が多いのです。だからこそ「治療院専門」を謳うホームページ制作業者がたくさんあるわけです。

しかし個人的には、こうした考え方には懐疑的です。一般的に、実店舗の商圏は2㎞程度と言われていますが、こと治療院に関してはその限りではありません。やはり健康にかかわることですので、評判のよい治療院があれば多少遠くても通うということは十分あり得ます。

また供給過剰という話も、要は繁盛する治療院とそうでない治療院で二極化が進むと言うだけの話で、すべての治療院が集客に苦しむということではありません。患者さんに価値を認めてもらうことができれば、十分に成功する可能性があるわけです。

ライバルをリサーチしよう

治療院に商圏は関係ないとはいえ、東京の人が大阪まで通院することはあまりないでしょう。また程度の軽い人であれば近所の治療院に通えた方が便利なのは言うまでもありません。

以上のことを踏まえて、あなたの治療院のライバルとなりうる同業者をリサーチしましょう。もし近隣にあなたしか治療院がなければ、近所の患者さんに関しては独り勝ちできる可能性は高いです。

それに+αであなたの治療院にしかない価値を提供できれば、遠方から患者さんが通ってくるような人気治療院になることだって夢ではありません。

患者が来院しやすいホームページ作り

ライバルのリサーチが終わったら、今度は集客のためのホームページ作りに取り掛かります。

自分の治療院とライバルたちの施術内容などを見比べて、自分にしかない価値、または自分のウリとなるものを明確にしましょう。独自の施術方法を持っている場合は、その内容や施術の流れを詳しく紹介することで、見込み客の不安を取り除くことができます。

ちなみに私は、下調べもろくにせずに行った治療院で、首をゴリゴリと執拗に揉まれ逆に痛めたことがあります。患者の身からすると、そういった目に遭うのが不安なわけです。施術についてできる限り詳しく紹介しておくことで、患者は安心して来院することができるわけです。

それに加え、最寄駅からの道順や院内の風景などを写真を使って詳しく説明しておくと、患者さんは迷わずに来院することができます。道が入り組んでいて分からず、頻繁に電話で道順を案内しなければならないということにならないようにしましょう。

もし電話を受けたときに他の患者さんの施術中だったりすると、その患者さんを待たせることになります。細かいところですが、そういうところがサービスの質につながりますので、防げるところは未然に防いでおきましょう。

また、患者さんの声(意見・感想)をホームページ上で紹介するのも非常に効果的です。第三者、しかも自分と同じ立場の患者からの客観的な意見を知ることで、患者さんはあなたの人柄や治療院の雰囲気、施術内容などについてイメージすることができます。

知識と人柄が伝わるブログ運営

上記のホームページ作りは、いわば患者さんが不安を解消し、治療院のことを自分なりに評価し、来院予約をしてもらうために必要となる情報です。しかしこれこれらのコンテンツは、ホームページを見てもらうことができなければ何も意味がありません。

ということで、今度はホームページに実際に人を集めるためにブログで情報発信をしていきます。

ブログを書くときに気を付けることは、「あなたの書きたい」ことではなく、「患者さんの知りたいこと」を書くようにすることです。

とはいえ、「患者さんの知りたいことって何だろう?」とあなたが考えても、それはあなたの考えなので必ずしもそれが患者さんの知りたいとことは限りません。こういうときは必ずデータに頼ることにしましょう。

ということで、患者さんがどういうキーワードで検索しているのかを調べていきます。キーワードを調べるには、Googleが提供している『キーワードプランナー』を使います。

キーワードプランナー

なおキーワードプランナーを利用するにはGoogle Adwordsのアカウントが必要です。キーワードプランナーはブログを運営していくためにはなくてはならないものです。まだアカウントを持っていない人はこの機会に作ってしまいましょう。

患者さんが検索しそうなキーワードを打ち込んで、キーワードプランナーで候補を取得していきます。

キーワードプランナーは打ち込んだキーワードに関連するキーワードを一覧で表示してくれますので、その中にはあなたが思いつかなかったキーワードもたくさんあるでしょう。

それらを拾い上げて、そのキーワードをまたキーワードプランナーに打ち込んで候補を取得して… というような感じで使えそうなキーワードをどんどん拾い上げていきます。

今後ブログの記事はたくさん書いていくことになりますので、多めにキーワードを拾っておきましょう。ここではとりあえず100個程度に絞り、エクセルなどを使って管理しておきます。

キーワードの準備ができたら、それらキーワード1個について1記事ブログを書いていきます。こうしてキーワードをリサーチすることで、独りよがりにならず患者さんのニーズに合わせた記事が書けるようになります。

これを繰り返すことで、あなたの治療院のホームページへのアクセスをどんどん増やすことができます。

お金をかけるべきところを見極める

ホームページの作り込みとブログの運営は、やろうと思えば自分でできるものです。しかし自分はどうしてもインターネットに疎いという人は、制作業者に依頼するのも一つの手です。上でも言ったように「治療院専門」で制作を受注している業者もあります。そういうところは治療院に特化したノウハウを持っている場合が多いので、相談してみるのもいいでしょう。

業者に依頼する場合に気を付けたいところは、お金をかけるべきところを見極めるということです。たとえば、1日に何百人~何千人の患者さんを相手にするわけでもなければ、自動予約システムなど必要ありません。

それなのに、もし自動予約システムを業者に頼んで作ってもらうとしたらなかなかの出費になります。それだったら、そのお金をもっと直接的に集客に関係あることに使った方が効率的です。

ホームページを業者に依頼して作るというと、どうしても本来の目的を忘れて「あれもこれも」となってしまいがちです。しかし、ホームページはあくまで集客ツールです。どこにお金を掛けるのがもっとも効果的かよく考えてなるべく無駄な出費は押さえましょう。

photo credit: Waiting Room At Me Myself And I via photopin (license)

投稿者: