DAINASHI YESTERDAY

ウェブサイトを公開するためのドメインとサーバーの準備

guide09

これまで、収益を上げるためにはどんなウェブサイトを制作すればいいのか、またどのように制作すればいいのかについてお話ししてきました。

しかし、これまで一生懸命作ってきたウェブサイトも、たくさんの人に見てもらえる場所に公開しなければ意味がありません。今現在、あなたのウェブサイトのデータはあなたのPCの中にしかありません。つまり、世界中であなたしか見れない状態なわけです。

ウェブサイトを公開するためには、ネット上に公開するための場所を確保し、そこにウェブサイトのデータを設置しておかなければなりません。

あなたもこれまで、ドメインとかサーバーという言葉を聞いたことがあるかもしれません。ここでは、ドメインとサーバーについての簡単な説明と、それらを使ってウェブサイトを公開するまでの手順についてお話ししていきたいと思います。

業者に頼らず自分で作る!初心者のためのウェブサイト制作ガイド【全10回】


ドメインは住所、サーバーは物件

ドメインとサーバーについては、実際に店舗を出す場合に置き換えてみるとイメージしやすいです。

どこかの街にお店を出す場合、まずは物件がなければ始まりませんよね。そして、物件には必ず住所というものがあります。この物件と住所が、ウェブサイトで言うところのサーバーであり、住所なわけです。

実際にお店を出すのとウェブサイトを公開するのとで大きく違う点は、実店舗の場合は物件の立地条件によって集客数が大きく左右され、また住所も事前に決められていること。

それに対し、ウェブサイトでは努力次第で集客数を伸ばせること、またウェブサイトの住所であるドメインを(ある程度)好きに決められることです。

いずれにしても、ウェブサイトを公開するためにはサーバー(物件)とドメイン(住所)が必要になるということをここでは押さえておいてください。

ドメインの取得しよう

ドメインを取得するには、ドメインを管理している会社を通して手続きをするのが一般的です。ドメイン管理会社はいろいろとありますが、以下のような会社が人気です。正直大差はありませんので、あなたの使いやすい会社を選んで取得すればよいでしょう。

ドメイン管理会社のウェブサイトで、あなたの取りたいドメインを検索して、そのドメインがほかのウェブサイトで使われていないかチェックしましょう。

使われていないようでしたら、ドメイン管理会社のウェブサイトから取得の手続きをし、料金を払うことで取得できます。なお、ドメインは1年ごとに更新料が掛かります。

料金はドメインの種類(.comや.netなど)によって違いますので、各ドメイン管理会社のウェブサイトで確認してください。

サーバーをレンタルしよう

ドメインが取得できたら、次はサーバーをレンタルしましょう。レンタルサーバー会社もいろいろとありますが、安定性や管理画面の使いやすさなどを考えると、以下の会社がおすすめです。

エックスサーバーやヘテムルに比べロリポップは割安ですが、その分サーバーの性能が低いです。そのため、将来ウェブサイトが育った(PV数が大きくなった)場合に、その負荷にサーバーが耐えられなくなる可能性もあります。

できるだけ予算を抑えて運営を開始したい場合はロリポップがおすすめですが、将来的にサーバーの引っ越しが必要になる可能性もあることは頭に入れておきましょう。

ただ、サーバーの引っ越しにはそれなりに手間や知識が必要になりますし、ウェブサイトの運営をちゃんと続けていればどのみちPV数は増えていきます。予算に余裕があるのなら、はじめからエックスサーバーやヘテムルを使うのがおすすめです。

なお、最近のレンタルサーバーはほとんどがマルチドメインに対応しています。

つまり、サーバースペースを1つ借りれば、その中で複数のドメインを使って複数のウェブサイトを運営できるということです。今後、別ドメインで2つ以上のウェブサイトをオープンする予定があるのなら、マルチドメインに対応したサーバーをレンタルしておく方がよいでしょう(上記の3つのサーバーはすべてマルチドメインに対応しています)。

サーバーの契約ができたら、サーバーの管理画面に「独自ドメイン設定」というものがありますので、そこで先ほど取得したドメインを追加しましょう。

DNS(ドメインネームシステム)の設定について

ドメインを取得し、サーバーにドメインを設定しました。しかしこれだけではドメインとサーバーの紐づけは完全ではありません。今度は、そのドメインがどのサーバーのどのスペースのことであるのかを示すためのDNS設定を行います。

インターネットに接続しているサーバーにはそれぞれIPアドレスというものが割り振られており、ブラウザでドメインが入力された場合などに「そのドメインがどのIPアドレスに対応しているのか」を設定しておく必要があるのです。

はじめのうちはややこしく感じるかもしれませんが、

  • ドメイン取得
  • サーバー契約
  • DNS設定

ウェブサイトを公開するにはこの3つの作業が必要であることさえ覚えておけば、作業自体はむずかしいものではないので心配いりません。

レンタルサーバーを契約すると、契約後に送られてくるメールにDNS設定に関する情報が記載されていますので、その情報をドメイン取得サービスの管理画面にて入力すればDNS設定は完了です。

※DNS設定が反映されるまでには時間が掛かる場合があります。ブラウザでドメインを入力してアクセスしても反映されていない場合は、しばらく時間をおいてから再度試してみてください。

サーバーにウェブサイトをアップロードする方法

サーバーとドメインの設定は完了しました。それでは次に、サーバーにウェブサイトのデータをアップロードしていきましょう。

サーバーにウェブサイトのデータをアップロードするには、FTP接続という方法を使います。

ほとんどのレンタルサーバーでは管理画面からFTP接続ができ、そこからファイルをアップロードすることができるようになっています。しかし、ファイルの数が多い場合には一度に大量のファイルを送信できるFTPソフトを使った方が作業がスムーズです。

以前はFTPソフトと言えばFFFTPが有名でしたが、現在では開発がストップしています。

FFFTP以外にも下記のような高機能のFTPソフトがありますので、お好きなものをダウンロードしてお使いのPCにインストールしましょう。ちなみに私はFilezillaを使っています。

なおFTP接続には、

  • FTPホスト名
  • FTPユーザー名
  • FTPパスワード

などの情報が必要になります。多くの場合、レンタルサーバーを契約した際に送られてくるメールの中に記載されていますので、確認してみてください。

FTPソフトでレンタルサーバーに接続するための設定ができたら、ローカル(あなたのPC)にあるウェブサイトのファイル一式をサーバーにアップロードします。

すべてのファイルをアップロードできたら、ブラウザにドメインを入力してアクセスしてみてください。それで正常にウェブサイトが表示されていれば公開完了です。

※もし表示が崩れているなどの不具合がある場合は、アップロードがうまくいかなかった可能性があります。その場合は該当するファイルまたはすべてのファイルを再度アップロードし、ブラウザを更新(再読み込み)してみてください。

ファイルやフォルダ名は半角英数字で!

ファイルやフォルダの名前に日本語(全角文字)を使うと、FTPソフト上でファイルやフォルダを削除できなくなったり、名前が文字化けしてしまうことがあります。

そういったトラブルを避けるために、ファイル名やフォルダ名は半角英数字でつけるようにしましょう。

もし日本語で名前を付けたファイルを間違えてアップロードしてしまい削除できなくなったという場合には、レンタルサーバーのサポートに連絡すれば対応してくれます。

≫ 第10回:ウェブサイトを成功させるために

投稿者: