コピーライト表記の年をJavaScriptで自動取得して表示させる方法

2013.11.28 jQuery
コピーライト表記の年をJavaScriptで自動取得して表示させる方法

ブログやホームページの一番下に「© 2013 会社名 All Rights Reserved.」のような形でコピーライト表記をすることが多いと思います。

これはそのホームページの著作権がどこにあるかを示すための表記ですが、©マークの後に「2013」など、現在の西暦を入れておくと「あ、現役で動いているホームページだな」とユーザーに認識してもらえるので、そういった意味でも入れておくことをおすすめします。

通常は年が変わるごとに年の部分を書き換えるわけですが、年に1回のことなので忘れがちですし、ホームページをいくつも管理している場合にはそのすべてをいちいち手作業で変更していくなんて面倒くさくてやってられないわけです。

ということでJavaScriptを利用して現在の年を自動で取得・表示させる方法です。この方法であればほったらかしでも年を自動で書き換えてくれますので便利ですよ。

Copyright &copy; <script type="text/javascript">myDate = new Date() ;myYear = myDate.getFullYear ();document.write(myYear);</script> <a href="ホームページのURL">会社名</a> All Rights Reserved.

WordPressの場合はこんな感じでテンプレートに書いておけばよろしいかと思われます。

Copyright &copy; <script type="text/javascript">myDate = new Date() ;myYear = myDate.getFullYear ();document.write(myYear);</script> <a href="<?php echo home_url(); ?>">会社名</a> All Rights Reserved.

WordPressテーマ『HIGHLAND』公開しました

WordPressテーマ『HIGHLAND』を公開しました

このブログで紹介しているカスタマイズを、これでもかと盛り込んだ高性能なテーマになっております。商用・非商用問わず無料、是非ご利用ください。

ブログ集客メール講座登録フォーム

「売上が不安定で、月末になるといつも不安……」
「営業が苦手で新規開拓がうまくいかない……」
「Webが苦手でブログをうまく活用できない……」

個人起業家・フリーランスのあなた、こんなお悩みはありませんか?

実は僕も、独立して最初に直面したのが「集客」の壁でした。

しかし今は、1年の大半をベトナムで過ごしながら、フリーランスのWebディベロッパーとして生計を立てています。

僕がなぜ、時間・場所・人間関係に縛られずに暮らせるようになったのか?

その答えは「ブログ」にあります。

今なら、「初心者の人が成果を上げるため」のブログ集客ノウハウを、メール講座限定でお伝えします。

興味のある人は、今すぐ以下から登録【無料】を!

ブログ初心者が生き残るためのブログ集客メール講座

柴田竹思

柴田竹思

日本&ベトナム二拠点生活中のWeb系フリーランス。最近は育児6:仕事4のバランスで生活してます。これでもかってくらい奥さんの尻に敷かれてる座布団系男子です。

プロフィールはこちら