WP-PageNaviのpagenavi-css.cssを読み込まないようにする方法

2014.01.19 WordPress
WP-PageNaviのpagenavi-css.cssを読み込まないようにする方法

どうもこんにちは、夜型生活から脱け出したい神戸在住スタジオフリータウンの柴田です。

WordPressでブログを構築する場合、必ずと言っていいほどページング機能が必要になります。そしてだいたいは定番プラグインWP-PageNaviのお世話になっているわけであります。

WP-PageNaviのCSSを読み込ませたくない

WP-PageNaviには標準のCSSとしてpagenavi-css.cssが付属していますが、僕はいつもpagenavi-css.cssは使わずにスタイルを指定しているため、ダッシュボードの編集画面より「pagenavi-css.cssを使用」のチェックを外しています。

しかし最近、チェックを外しても「変更を保存」をクリックするとチェックがついた状態に戻ってしまう、つまりpagenavi-css.cssがいやでも反映されてしまうという現象にたびたび遭遇している次第であります。

原因はパーミッションと思うよ

原因はほぼ分かっておりまして、何のことはないWordPressのパーミッションの設定なわけであります。なのでセキュリティに敏感なレンタルサーバー会社が提供している簡単インストール機能などを利用してインストールされたWordPressは、よくこういう事態に出くわしてしまうわけです。

ということで、いちいちパーミッションをいじってもいいんですが、ちょっと調べたらもっと簡単にpagenavi-css.cssを読み込まないようにすることができる方法を見つけたので備忘録を兼ねつつご紹介します。function.phpに以下のソースを追加するだけです。

add_action( 'wp_print_styles', 'my_deregister_styles', 100 );
function my_deregister_styles() {
wp_deregister_style( 'wp-pagenavi' );
}

まとめ

WordPressテーマを自作する場合なんかは、テンプレートとしてあらかじめfunction.phpに書いておくといいかもですね。こちらのページでWP-PageNavi以外にもContact Form 7のCSSを読み込まないようにする方法を紹介してくれています。参考になりました、ありがとうございます。

WordPressテーマ『HIGHLAND』公開しました

WordPressテーマ『HIGHLAND』を公開しました

このブログで紹介しているカスタマイズを、これでもかと盛り込んだ高性能なテーマになっております。商用・非商用問わず無料、是非ご利用ください。

ブログ集客メール講座登録フォーム

「売上が不安定で、月末になるといつも不安……」
「営業が苦手で新規開拓がうまくいかない……」
「Webが苦手でブログをうまく活用できない……」

個人起業家・フリーランスのあなた、こんなお悩みはありませんか?

実は僕も、独立して最初に直面したのが「集客」の壁でした。

しかし今は、1年の大半をベトナムで過ごしながら、フリーランスのWebディベロッパーとして生計を立てています。

僕がなぜ、時間・場所・人間関係に縛られずに暮らせるようになったのか?

その答えは「ブログ」にあります。

今なら、「初心者の人が成果を上げるため」のブログ集客ノウハウを、メール講座限定でお伝えします。

興味のある人は、今すぐ以下から登録【無料】を!

ブログ初心者が生き残るためのブログ集客メール講座

柴田竹思

柴田竹思

日本&ベトナム二拠点生活中のWeb系フリーランス。最近は育児6:仕事4のバランスで生活してます。これでもかってくらい奥さんの尻に敷かれてる座布団系男子です。

プロフィールはこちら