ノマドワーカーになるために必要なスキルとは?資格や技術だけじゃない

ノマドワーカーになるために必要なスキルとは?資格や技術だけじゃない

世の中にはノマドワーカーという「職業」があると勘違いしていて、「ノマドワーカーになるためにどんなスキルが必要なのか?」と疑問を持っている人も一定数いるようです。

しかし結論から言えば、ノマドワーカーとは「働き方のスタイル」であるため、その人の職業によって必要なスキルは変わってきます。

とはいえ、まったくスキルのない状態でいきなりノマドワーカーになるのは現実的ではありません。今回は、ノマドワーカーになるために必要となるスキルを、業務上必要となるものだけでなく、考え方の部分も含めて僕なりにお伝えしたいと思います。

必要はスキルはどんな仕事をするかによって人それぞれ

上でも言ったように、ノマドワーキングをする上で必要になるスキルは、どんな仕事をするかによって人それぞれです。

僕のようなWeb系の仕事をするのであれば、WebデザインスキルやHTML/CSSで0からウェブサイトを制作するスキルに加えて、JavaScriptやPHPなどのプログラミング言語の習得も必要になってきます。

欲を言えば、SEOやライティングなどのマーケティングに関する知識もあるといいでしょう。

Web系の制作案件は単価の高いものから低いものまでさまざまで、専門的なスキルが必要になればなるほど、やはり1件あたりの単価は高くなります。

そのため、スキルがない状態では単価の低いものしか受注できず、数をこなしてもジリ貧状態になりやすいです。

また最近ではWordPressのシェア拡大に伴い、WordPressでのサイト制作案件が多くなっています。

ですので、Web系ノマドを目指すのであれば、まずはデザインからWordPressテーマ構築までを一人でこなせるくらいのスキルを身につけておくことをおすすめします。

僕自身、作業の一部を外注することがありますが、スキルは本当に人によってさまざまです。

何度も継続してお願いしているプログラマーさん・デザイナーさんもいれば、依頼したことを後悔するような人もいて、ひどいときには納品されたものを使わずに自分で作り直したこともあります。

発注する側になると分かりますが、やはりまずは「できる人に」という心理が働いて当然です。スキルが上がれば、その分だけ受注のチャンスは広がります。

ノマドワーカーにとって大切な考え方

次に、業務上のスキルとは別に、ノマドワーカーとしてやっていくために僕が重要だと思っている考え方の部分についてお話しします。

正確にはこれはノマドではなく、フリーランスとしてやっていくために重要な考え方と言った方がいいかもしれません。

僕の経験上、ここができていない人はいつまでもギリギリの生活をしていたり、ひどい場合には廃業してサラリーマンに逆戻り… という人も見ています。

お金にシビアに!取るべきところはしっかり取る

僕は、「友人価格」で仕事を請けることをしていません。

開業して何年かは、知り合いから頼まれて安い料金でサイトを作ったり、ときには無料で引き受けたりなんてこともしていました。

しかしあるときふと振り返ってみたら、そうやって安く引き受けた人に限って、次から次へと安い料金で頼まれていることに気が付いたのです。

また、「知り合いを紹介するから」と言われたのに、その後いっこうに紹介はもらえず、ひどいときには無料で作ったものに文句を言われるような始末でした。

独立するときに人から「安い料金で依頼してくるお客さんほど文句を言う」という話を聞いたことがありますが、僕はそれを身をもって体験したわけです。

そんなこともあり、僕はたとえ友人からの依頼でも必ず通常料金で見積もりを出し、値切り交渉には一切応じません(もちろん「予算がこれだけで…」という話なら、その範囲でできることの提案はします)。

それから、「ちょっと教えてほしいんだけど…」というのも要注意です。

フリーランスやノマドワーカーにとって、知識やスキルは「売り物」です。その知識やスキルによって提供するものの価値に、お客さんはお金を払ってくれるわけです。

それを「ちょっと教えて」というのは、「無料で商品をよこせ」と言われているのと同じです。そして大概の場合、聞くだけ聞いて作業は自分でやって安く済まそうという魂胆です。

その辺の線引きをちゃんとして、サポートをする場合には月額で契約する、もしくは受注前提で知識を提供するなどした方がいいです。

可能であれば、受注につながりそうかを見極めてある程度は教える、でもそれ以上は有料、など臨機応変に対応するのがベストだと思います。

いずれにしても、「取るべきところはしっかり取る」という姿勢が自分を守ることにもつながりますし、無駄な作業に忙殺されて、正規に依頼してくれるお客さんへのサービスの質に影響することを防止できます。

考えてみれば、友達付き合いもないのに自分の提供するものに価値を感じて依頼してくれるお客さんの存在って、とてもありがたいものです。

だからこそ、何も考えずに「友人価格」で請ける前に、自分の知識・スキルの価値を思い出してほしいと思います。

「人を選ぶ」ことも自分を守るためには必要

上で言ったこととも少しかぶりますが、お客さんを含め、仕事で関わる人は選ぶようにすることも、自分を守る上では必要です。

「人を選ぶ」というと印象悪いかもしれませんが、文句ばっかり言ってくるお客さんや値切ってばかりくるお客さんと関わっても精神衛生上悪いだけです。イライラしながら仕事をしていても、楽しくありません。

また、仕事に必要な資料の提供がものすごく遅かったり、資料の内容がろくにまとまっておらず着手後に情報が二転三転するという場合も、できれば避けた方がいいでしょう。

僕たちのようなノマドやフリーランスとして働く人間は、基本一人もしくは少人数のチームで仕事をしています。そのため、人的リソースは限られています。

資料の提供が遅れることで作業の進捗に支障が出たり、資料の情報に誤りが多ければ、その分だけ無駄に作業は増えることになります。

その案件をこなす時間や労力で、他の案件を複数対応できるかもしれないわけです。はじめのうちは来たものすべて請けることも場合によっては必要かもしれませんが、ある程度軌道に乗ってきたら「気持ちよく」仕事ができるお客さんに絞っていくことを考えることをおすすめします。

「類は友を呼ぶ」と言いますが、いいお客さんはいいお客さんをつながっています。そういうお客さんだけにフォーカスして、自分のサービスの質を上げる方が長期的にみて建設的ではないでしょうか。

「人」というのは、何もお客さんだけに限りません。一緒に働く仲間も選んだ方がいいです。一緒に働く仲間によって、提供できる価値が変わってくるからです。

スキルの面で信頼できるのはもちろんですが、やはり人間性は大切です。

僕は幸い、仲間のことであまりひどい目に遭ったことはありませんが、一度だけ「この人とはもうやってられない」と思ったことがあります。

その人とは、その人が営業とディレクション(進捗管理)、僕が制作全般という役割分担で、ときには大手アパレル会社などの大きな案件も一緒にできたりと非常に有意義な関係で仕事できていました。

しかし、その人が社会人サークルみたいなもの(?)にハマりだしてから雲行きが怪しくなり、あるとき資料もない・仕様も決まっていない、でも納期が差し迫っているという状況で、いきなり案件を放り出してインドネシアに遊びに行ってしまったのです。

その間は連絡も滞り、制作作業を止めざるをえませんでした。

その後は何日もろくに眠らずになんとか納期に間に合わせたのですが、それからはその人が言う「信頼」とか「思いやり」という言葉が一気に軽々しく聞こえるようになりました。

ちょっと愚痴っぽくなりましたが、どんな人と仲間になるかはとても重要です。

また同時に、自分にも仲間に対して責任があるということを忘れないようにしたいです。自分の担当している作業はきっちりこなす、できると言ったことはやる。

「信頼」とか「思いやり」とか口で言うより、そういう態度が本物の信頼を作り上げるのだと思います。

僕の場合はありがたいことに、現在は信頼できるアートディレクターさんやWebディレクターさん、忙しいときに助けて頂いているデザイナーさん・プログラマーさん、開業当初から一緒に頑張ってくれているフォトグラファーさんなど、いい仲間と巡り合うことができました。

自分ひとりでできることには限界があります。ノマドワーカーやフリーランスは一人で仕事をすることが多いですが、いつも一人で仕事をする必要はありません。

いい仲間と出会い、お互いの得意なことでお互いをカバーしあえば、お客さんにさらに価値のあるものを提供できます。

まとめ

ということで、ノマドワーカーに必要となるスキルということで、僕の考えを書いてみました。

もちろん考え方は人それぞれです。多少無理してでも安く提供することも一つの価値だと思います。仲間を駒のように扱って面倒ごとはすべて押し付けるのも、もしかしたらアリなのかもしれません。

ノマドやフリーランスという生き方は、自由であると同時に、その選択に責任が伴います。

だからこそ、自分にとって・お客さんにとって何がベストなのか、自分の進んでいる道に違和感はないか、定期的に振り返って考えてみて頂きたいと思います。

WordPressテーマ『HIGHLAND』公開しました

WordPressテーマ『HIGHLAND』を公開しました

このブログで紹介しているカスタマイズを、これでもかと盛り込んだ高性能なテーマになっております。商用・非商用問わず無料、是非ご利用ください。

柴田竹思

柴田竹思

日本&ベトナム二拠点生活中のWeb系フリーランス。最近は育児6:仕事4のバランスで生活してます。これでもかってくらい奥さんの尻に敷かれてる座布団系男子です。

プロフィールはこちら