「フリーランスなんてやめとけ」と言われて凹むのは時間の無駄だからやめとけ

2019.10.28 フリーランス
「フリーランスなんてやめとけ」と言われて凹むのは時間の無駄だからやめとけ
フリーランスになりたいけど、「やめとけ」と言われて凹んでしまった……

ネットを見ていても、先輩フリーランスっぽい人とか元フリーランスみたいな人が「フリーランスはやめとけ」と言っているのを見かけて、フリーランスとしてやっていきたいと考えている自分は甘いのかな…… と不安になってしまう人もいると思います。

「フリーランスはやめとけ」と言われる根拠として多いのは、

  • スキルが伸びない
  • 不況になると真っ先に切られる
  • キャリアプランが立てづらい

などです。

ということで今回は、「フリーランスなんてやめとけ」と言われる理由、そして本当にやめといた方がいいのか? について現役フリーランスの立場からお伝えしたいと思います。

「フリーランスはやめとけ」と言う人=フリーランスとしてやっていけなかった人

まずはじめに整理しておきたいのは、「フリーランスなんてやめとけ」と言う人のほとんどは、

  • フリーランスとしてやっていけなかった人
  • フリーランスとしてやっていく自信のない人

だということです。

でもその人ができなかったからと言って、あなたもフリーランスとしてやっていくことができないという道理はありません。

当たり前ですが、能力や適性みたいなものは人それぞれです。

もちろん「やめとけ」と言うそれなりの理由はあるのかもしれませんが、それはあくまでもフリーランスになるべきか否かの判断材料の一つに過ぎず、あなたがフリーランスをやめる決定的な理由にはなりません。

「フリーランスなんてやめとけ」と言われる理由とホントのところ

繰り返しになりますが、「フリーランスなんてやめとけ」と言われる理由には以下のようなものがあります。

  • スキルが伸びない
  • 業績が悪くなると真っ先に切られる
  • キャリアプランが立てづらい

そして、僕もこれらはすべて事実だと思います。

でもだからと言って、僕は「フリーランスはやめとけ」とは思いません。

フリーランスになるとスキルが伸びない

「フリーランスはやめといたほうがいい」と言われる理由としてもっとも多いのが、

  • フリーランスになるとスキルが伸び悩む
  • フリーランスはそれまでに身に付けた能力の切り売りだ

というようなものです。

会社員でいるうちはスキルが伸びる=会社の業績アップになるため会社がバックアップしてくれる、上司や先輩が指導やフォローをしてくれるためスキルを伸ばせる環境が整っているというわけですね。

フリーランスになれば仕事も自分で選べるため、自分の能力で対処できる案件を中心に受注していくことになります。

また事務作業や営業活動など、会社員時代には必要のなかった業務も増えるため、時間や体力に余裕がなくなる場合があります。

そのため、意識していなければスキルは停滞していくことになるでしょう。

しかしこれについて、僕は「スキル」というものの捉え方が狭いと感じていて、実際には

フリーランスになると、それまで必要じゃなかったスキルを伸ばす必要が出てくる

ということだと思っています。

一番分かりやすいのは、「営業」などの仕事を獲得するためのスキルですね。

先ほど「自分の能力で対処できる案件を中心に受注していく」と書きましたが、これをするためには「そういう案件を選んで、かつ獲得する」ことが必要になります。

今の時代、仕事を獲得する方法はいろいろあります。

どういうやり方が自分に合っていて、かつ効率的に成果を出せるかを自分で考え行動に移していく姿勢があれば、フリーランスになるべきではない理由にはなりません。

業績が悪くなると真っ先に切られる

自社の人材をコア業務に配置できるなど、発注する会社からしてもフリーランスに外注することにメリットはあります。

しかし、業績が悪化したときに真っ先に切られるのはフリーランスであることもまた事実です。

けっこう聞くのが、以前勤めていた会社からの受注100%でやっていたフリーランスが、発注元の会社の業績悪化で仕事がゼロになってしまうというパターンです。

そのため、フリーランスは常に取引先を開拓することが必要になりますし、請負制作だけでなく、収益源をできるだけたくさん確保しておくことも重要です。

フリーランスが稼げなくなったとしても、誰かが責任を取ってくれるわけではありません。

だから、取り返しがつかないような事態にならないために、最悪のケースを想定して常に対策を考えておく。

そうして「最悪でも何とかなる」という心の余裕ができると、今度はフリーランスという働き方のフットワークの軽さが活きてきます。

キャリアプランが立てづらい

フリーランスは、基本的に「プレイヤー」として働くことがほとんどです。

そのため、組織の中でマネジメントスキルを身に付ける機会は多くありません。

そういう理由から、フリーランスはキャリアプランが立てづらいと言われています。

しかしこれも、考え方を変えると見え方も変わってきます。

そもそもマネジメントスキルとは、組織の中で働くために必要になるスキルで、フリーランスに必須のスキルであるとは限りません。

組織の中で働くスキル獲得の機会に恵まれない反面、フリーランスは進みたい道に合わせて、必要なスキルを選択して身に付けることも可能です。

とはいえ、50~60代になったときに若者のセンスや体力に対抗しようと考えるのは現実的ではありません。

プレイヤーとしての市場価値が落ちたときの出口戦略は、できるだけ早く考えておいた方がいいでしょう。

フリーランスになる最大のメリットは、たぶん収入面です

フリーランスになる理由としてもっとも多いのが「収入を伸ばすため」であるように、フリーランスの最大のメリットはそこにあります。

スキルの面では会社員時代と何ら変わりなくても、フリーランスになったら収入が倍増したなんて話も珍しくありません。

でもそれは、別の言い方をすれば「スキルの高さが収入の高さには直結しない」ということでもあります。

さらに言い換えると、会社員時代に必要とされていたスキルとは別の分野のスキルが必要になってくるということを意味しています。

それは上でも言ったように、仕事を獲得するスキルだったり、仕組みを構築してより効率的に利益を生み出すスキルだったりします。

「どんなスキルを身に付けておくべき」というのは、それぞれどんな生き方をしたいか? によって違ってくるため一概には言えませんが、自分のビジョンを明確にして、それを実現するためにどんな能力が必要かを逆算して考えることが重要になります。

まとめ:当たり前だが、フリーランスにはいいところも悪いところもある

当たり前ですがフリーランスにも会社員にも、いい点・悪い点があります。

大事なのは、それらの情報を整理して、「フリーランスになったらどうするか?」ということを、自分で考えて答えを出すこと。

他人の意見に左右されず、自分の人生に責任を持つというのは、フリーランスには必須の考え方です。

  • 自分がフリーランスとしてやっていくには、現時点で何が欠けているのか?
  • 自分がフリーランスになったとき、強力な武器になるのかどんなスキルか?

というところから考えてみて頂ければと思います。

柴田 竹思

柴田 竹思

日本&ベトナム二拠点生活中のWeb系フリーランス。最近は育児6:仕事4のバランスで生活してます。これでもかってくらい奥さんの尻に敷かれてる座布団系男子です。

プロフィールはこちら