自己紹介

柴田竹思(しばたけ)

フリーランスWebデザイナー7年目。現在は日本⇔ベトナムの二拠点生活。午前中は制作仕事、午後はブログ執筆→息子(3歳)とイチャイチャ→寝る前に筋トレみたいな生活してます。

このブログについて

フリーランスになって、7年が過ぎました。

世の中にはもっとキャリアの長いフリーランサーがゴロゴロいることは百も承知ですが、それでも7年やっていれば、いいことも悪いこともそれなりに経験しました。

このブログ『ダイナシイエスタデイ』は、そんな僕のフリーランスとして生きてきた軌跡を記すライフログです。

フリーランスという生き方

近い将来、北米ではフリーランスとして働く人の割合が50%を超えると言われています。

日本でも現在の17%から年々増加傾向にあり、フリーランサーを取り巻く環境も刻々と変化しています。

そこには日系企業の競争力の衰退、AI技術の発達などにより、企業が労働力としての「人」を必要としなくなってきた、もしくは抱えきれなくなってきたという背景があります。

そういう中で、フリーランスという生き方を選ぶ人・選ばざるを得ない人が出てくるのは、当然の流れなのかもしれません。

今現在、特に団塊世代以上の人には、「フリーランス=組織の中で生きられない人」というようなネガティブなイメージを持っている人もいまだにいます。

でも実際には、そんな後ろ向きな理由ばかりではなく、

  • 自分の力を試したい
  • 組織の縛られず自由に人生を歩きたい
  • 自分のペースでストレスなく暮らしたい

と考えてフリーランスになる人も、若い世代を中心にたくさんいます。

このブログでは、

  • これからフリーランスになりたい
  • フリーランスという働き方・生き方に興味がある
  • フリーランスとしてやっていけるか不安

という人に向けて、

  • フリーランスになりたての頃にしておけばよかったと思うこと
  • フリーランスとしてやっていくための実用的な情報
  • フリーランスとして生きていくために大切な考え方

みたいなものをお届けできればと思っています。

またそれ以外にも、僕と同じような立場で

  • フリーランスとしての自分に迷いがある
  • これからの時代をどう生きていけばいいのか分からない
  • さらに大きく羽ばたくために模索している

というような人とも、思いを共有できればと考えています。

「時間の切り売り」から脱け出すために

フリーランスなら、やり方次第で時間・場所、そして人間関係の自由を手に入れることだって不可能ではありません。

これだけは、会社組織に属し、時間を切り売りして働いている限り実現は難しいです。

もっとも、フリーランサーにも「時間の切り売り」で稼いでいる人は大勢います。

大勢いますというか、そういう人の方が多いのかもしれません。

だからこそ、スキルを伸ばして自分の価値を高め、それによって時給や単価を上げようという思考が一般的なわけです。

でも、フリーランスという働き方に決まりはありません。

会社員としてやってきたことの延長で稼ぎ続けてもいいし、もっと別のアプローチで収入を倍増させることだって、実はできるのかもしれません。

どちらが正解で、どちらが間違いということはありません。

それぞれのフリーランスが「自分はどう生きたいか?」と考え、それぞれの人生の歩き方を見つけられればいいのだと思います。

僕の場合、それが「時間の切り売り」から脱け出すことで、そのための方法をアレコレ試行錯誤しているというわけです。

目下の関心事は、

  • フリーランス
  • Webデザイン
  • マーケティング

なので、この3つのテーマを中心に情報をお届けしていきます。

僕たちは幸せになるために生まれてきた

結局のところ、人間の生きる意味って何でしょう?

他人よりたくさんお金を稼ぐことでしょうか?
それとも、他人より秀でた能力を身につけて尊敬を集めることでしょうか?

曲がりなりにも30数年生きてきて僕が思うのは、他人を基準にしている限り、生きることは苦しみであり続けるということです。

「あいつより金を稼いでいる」
「俺はあいつより仕事ができる」

そうやって他人を見下したり、嫉妬したり。

僕たちは、そんなことのために生まれてきたのでしょうか?

息子が生まれて、しわくちゃの顔を初めて見たとき。

僕が思ったことは、「幸せになってほしい」でした。

お金持ちにならなくてもいい、優秀じゃなくてもいい。

大好きな人と、大好きなことをして、幸せに生きてほしい。

多分、世の中のほとんどの親が思うことではないかと思います。

ということは、それこそが人生で成し遂げるべき、もっとも大切なことかもしれないわけです。

どんな仕事を選び、どんな働き方をするにしても、幸せになれなければ「負け」です。

だから、あなたにも「幸せなフリーランス」になってほしい。

このブログ『ダイナシイエスタデイ』を通してつながることで、あなたの人生のお役に、ほんの少しでも立てたなら、こんな嬉しいことはありません。